相続税の計算の仕方

相続税の計算の仕方分かりますか?知って損はありませんよね。 - 倍率と路線価の違い

新着情報

▶2015/05/21
倍率と路線価の違いの情報を更新しました。
▶2015/05/18
そんなに良くない事ばかりではないの情報を更新しました。
▶2015/05/18
相続税のトラブル対策をの情報を更新しました。
▶2015/05/18
相続税に対応した新しい資格の情報を更新しました。
▶2015/05/18
相続税に関する税務調査の話の情報を更新しました。

倍率と路線価の違い

財産を子供に相続させたいけれど私には家と土地しかないから相続税はかからないだろうと思ってらっしゃる方はいらっしゃいませんか?あなたの財産は家と土地だけですか?相続税の対象となるものってほかにどんなものがあるのでしょうか?
お子さんも「家と土地だけならたいした値段にならないだろう」と相続税対策を怠っているケースが多く実際になくなってからあたふたしてしまうというケースがあります。
今回は相続税の計算に必要となる宅地の評価額の調べ方についてお教えします。

■路線価がポピュラー

宅地の値段を計算するときにはついつい不動産鑑定士を呼ばなければならないのかと思ってしまいがちですが、よほどのレアケースでない限り呼ぶ必要はありません。
宅地は道路に面していることが多いため「路線価」という価格がついています。
毎年一度国税庁が調査して道路沿いの土地の値段を調べ、ここはどれぐらいの値段だよと発表しています。

■倍率方式もある

しかし宅地だからといってすべてが道路に面しているわけではありません。
路線価がないときには「倍率方式」を用いて計算します。
こちらは固定資産税の評価額に一定の倍率を乗じることによって求められます。
なお固定資産税の評価額は市役所や役場、倍率は国税庁のホームページで調べられます。

■状況別で使い分け

宅地の評価は路線価と倍率方式の二つがあるということがおわかりいただけたかと思いますが、この方法が唯一絶対ということもなく評価額もあくまで見積もりのようなものです。
実際に相続税の計算の時には厳密に土地の計算をしますからそのときまでの目安として知っておきましょう。
qtrs
遺品の中に故人が収集していた骨董品・美術品がある…申告の際はどうしたらいいのでしょう?こういった疑問をもたれている方も多いのではないでしょうか。

■鑑定しなければいけないの?

被相続人の財産の場合これらの骨董・美術品も遺産に含みますが、販売価格には何万円のものから何千万円、果ては億の値がつくものまであります。
親類ならば生前の所得や扱いでおよその見当はつくものです。鑑定にかかる費用が実物を上回ってしまうケースもあるでしょう。鑑定費用は相続税の控除対象外なので注意が必要です。

それでも普段触れないものは悩んでしまうものです。実は美術・骨董品は購入時に数十万くらいのものまでならば「家財」扱いになります、これならば納得しやすいのではないでしょうか?申告時にはタンスや家電などど同じくくりの家財一式として計算されることになるでしょう。

例えば50万円前後の高価な骨董品を生前に購入していたとします、相続時に価値を知っていても、その時点での転売値や買い取り値は購入時の半分以下にもなってしまうことでしょう。このように予想しうる価値が明白なものは家財扱いとなります。

■明らかに高価な美術品をお持ちの方は

実際のところ税務署は高い価値を持つ美術・骨董品をもつ人の情報を把握しています、情報網を駆使し物品の動きを常にチェックしているのです。
ですので最悪価値が把握できていなくても、税務調査でお金の流れなどが明らかになった時、税務署員の調査が入った時に指摘を受けますのでその際に明らかになるでしょう。

Copyright(C)2015 相続税の計算の仕方 All Rights Reserved.